- 春日部で40年。あなたの街の音楽教室。ミュージックファームぷりま

ピアノ・声楽・ギター・バイオリン・フルート・クラリネット

BLOG

黒鍵ペンタトニック 「蛍の光」

「蛍の光」

1789年(明治12年)に、文部省音楽取調掛が創設され、学校教育に西洋音楽が本格的に導入されます。

1884年(明治17年)に小学生用に編纂された「小学唱歌集」が音楽取調掛によって発行されます。全33曲が収録され、その中に「蛍の光」(当時のタイトルは「蛍」)もありました。他にも「見わたせば」(現在の「むすんでひらいて」)、「蝶々」、「君が代」などよく知られた曲も収録されていました。

当時、まだまだ国産のメロディは少なく、輸入したメロディに日本語の歌詞をのせることが一般的でした。今まで挙げた4曲でも「君が代」以外は外国曲になります。「蛍の光」はスコットランド民謡、「むすんでひらいて」はフランスのルソー作曲、「蝶々」はスペイン民謡といった具合です。

しかも当時の人々にとっては、西洋の「ドレミファソラシ」の7音階は難しく、もともと日本にあった音階に近い、4番目「ファ」と7番目「シ」を省略した「四七抜き音階」が重用されます。「蛍の光」は「四七抜き音階」を用いた最初期の唱歌であり、現在も卒業式や閉店時のBGMとして親しまれ続けています。

最新ブログ

2024年5月26日
黒鍵ペンタトニック 「あめふり」(中山晋平)
image
「あめふり」(中山晋平) 昭和初期の童謡運動では「赤い鳥」や「金の星」等の児童雑誌がその中心を担いました。楽譜が雑誌に掲載されることで、多... 続きを読む
2024年5月19日
ぷりま音楽歳時記 2-13. イ短調
image
<イ短調> イ短調は調号なし。マッテゾン曰く「むしろ沈痛で、辛抱強い。」意外にも金管楽器があまり得意としない調です。弦楽器は開放弦を使える... 続きを読む
2024年5月12日
今月の一冊 山下洋輔著『新編 風雲ジャズ帖』
image
『新編 風雲ジャズ帖』 山下洋輔著/平凡社/ISBN(13)978-4582765021 山下洋輔トリオでの公演旅行記を収録したのがこの... 続きを読む

ブログをすべて見る

最新ブログBlog

2024年5月26日
黒鍵ペンタトニック 「あめふり」(中山晋平)
image
「あめふり」(中山晋平) 昭和初期の童謡運動では「赤い鳥」や「金の星」等の児童雑誌がその中心を担いました。楽譜が雑誌に掲載されることで、多... 続きを読む
2024年5月19日
ぷりま音楽歳時記 2-13. イ短調
image
<イ短調> イ短調は調号なし。マッテゾン曰く「むしろ沈痛で、辛抱強い。」意外にも金管楽器があまり得意としない調です。弦楽器は開放弦を使える... 続きを読む
2024年5月12日
今月の一冊 山下洋輔著『新編 風雲ジャズ帖』
image
『新編 風雲ジャズ帖』 山下洋輔著/平凡社/ISBN(13)978-4582765021 山下洋輔トリオでの公演旅行記を収録したのがこの... 続きを読む

ブログをすべて見る