- 春日部で40年。あなたの街の音楽教室。ミュージックファームぷりま

ピアノ・声楽・ギター・バイオリン・フルート・クラリネット

BLOG

黒鍵ペンタトニック 「ほたるこい」

「ほたるこい」

前回に引き続いて、今回も4つの音、しかも全て黒鍵(下からミ♭・ソ♭・ラ♭・シ♭)で弾けるわらべうたを紹介します。その第二弾は「ほたるこい」です。

この曲は、おおよそどの楽譜でも、「わらべうた」とのみ表記されていて、作者不詳の曲として扱われています。ところが鳥取県の公式サイト及び鳥取県の商工会議所のホームページでは、三上留吉(1897~1962)なる人物が作者として紹介されています。この2つのサイトを要約すると、三上氏のプロフィールは以下になります。

鳥取師範附属小学校に教員として勤務する傍ら、大日本少年団(ボーイスカウト)のリーダーとして活動し、多くの野外ソング、ゲームソングなどを作曲しました。昭和初期からは、鳥取県内の民謡や小唄の作曲・採譜を活発に行い、昭和8年(1933年)に「ほたるこい」が、日本音楽協会編纂の「児童唱歌」の1曲として採択されました。

この三上版の譜面が全国に広まり、上記のメロディが今日のスタンダードになったようです。前回の「かごめかごめ」もそうですが、わらべうたの伝播における小学校教員の大いなる貢献をうかがい知ることができます。

 

新型コロナ感染症対策実施中

最新ブログ

2022年10月2日
マスクのおかげ 口呼吸から鼻呼吸へ
image
マスクがすっかり身体の一部のようになってしまいました。当初は常に息苦しく感じていましたが呼吸の方法を見直し、「口呼吸」から「鼻呼吸」へと私自身変... 続きを読む
2022年9月25日
黒鍵ペンタトニック 「青い眼の人形」
image
「青い眼の人形」(本居長世 作曲) 劇作家、島村抱月の書生との二足の草鞋で、東京音楽学校で学んだ中山晋平。当然その生活は楽ではなく、ピアノ... 続きを読む
2022年9月18日
今月の一冊  岡田暁生著 『音楽の危機《第九》が歌えなくなった日』
image
『音楽の危機《第九》が歌えなくなった日』 岡田暁生/中央公論新社/ISBN(13)978-4121026064 コロナになって音楽も否応... 続きを読む

ブログをすべて見る

最新ブログBlog

2022年10月2日
マスクのおかげ 口呼吸から鼻呼吸へ
image
マスクがすっかり身体の一部のようになってしまいました。当初は常に息苦しく感じていましたが呼吸の方法を見直し、「口呼吸」から「鼻呼吸」へと私自身変... 続きを読む
2022年9月25日
黒鍵ペンタトニック 「青い眼の人形」
image
「青い眼の人形」(本居長世 作曲) 劇作家、島村抱月の書生との二足の草鞋で、東京音楽学校で学んだ中山晋平。当然その生活は楽ではなく、ピアノ... 続きを読む
2022年9月18日
今月の一冊  岡田暁生著 『音楽の危機《第九》が歌えなくなった日』
image
『音楽の危機《第九》が歌えなくなった日』 岡田暁生/中央公論新社/ISBN(13)978-4121026064 コロナになって音楽も否応... 続きを読む

ブログをすべて見る