- 春日部で40年。あなたの街の音楽教室。ミュージックファームぷりま

ピアノ・声楽・ギター・バイオリン・フルート・クラリネット

BLOG

黒鍵ペンタトニック 「男はつらいよ<映画主題歌>」(渥美清)

男はつらいよ<映画主題歌>」渥美清山本直純作曲)

昭和のノベルティソングを特集してきましたが、今回で一段落です。特集のトリを飾るのに相応しいのが映画「男はつらいよ」の主題歌を除いて他はありません。

「男はつらいよ」は1969年に制作がスタート。1995年までに48作、主演の渥美清がなくなって以降さらに3作も制作された、他に例を見ない多作の映画シリーズです。お盆と年末年始、年2回公開されることが多く、まさに昭和の日本の風物詩ともいえる映画でした。

この主題歌、実は映画シリーズに先立って制作されたテレビドラマ(1968年)から使用されています。作詞は演歌界の大御所、星野哲郎氏です。星野氏は「急いで書いてくれ、といわれドラマの粗筋を基に、4,5日で書いた。当時はファックスもないから速達で送った。」と練る間もない仕事だったと振りかえっています。作曲した山本直純氏について、星野氏は「やさしいメロディーで、クラシックの人がうまく演歌を書いたって思いました。」と称賛しています。

まさにこの曲はソフトな演歌。四七抜き音階のペンタトニック(5音階)に「ピョンコ節」の付点のリズムは、明治・大正の唱歌・童謡にも相通じるように思います。

最新ブログ

2024年2月18日
ぷりま音楽歳時記 2-10.変ホ長調
image
<変ホ長調> 変ホ長調の調号は♭が3つ。作曲家スクリャービンはこの調を「青みがかった、鋼鉄の」と色聴します。確かに金管楽器がこの調を得意と... 続きを読む
2024年2月11日
今月の一冊 岡野弁著『メッテル先生』
image
『メッテル先生』 岡野弁著/リットーミュージック/ISBN(13)978-4845633401 日本のポップスで服部良一の存在は大変に重... 続きを読む
2024年2月4日
日本の音楽に貢献したウクライナ人音楽家「メッテル先生」
image
以下2022年7月号の「おたより」から転載です。 大体、戦争なんてごく一部の権力者や戦争で利潤を獲得する死の商人他除くと誰の得にもなりはしない... 続きを読む

ブログをすべて見る

最新ブログBlog

2024年2月18日
ぷりま音楽歳時記 2-10.変ホ長調
image
<変ホ長調> 変ホ長調の調号は♭が3つ。作曲家スクリャービンはこの調を「青みがかった、鋼鉄の」と色聴します。確かに金管楽器がこの調を得意と... 続きを読む
2024年2月11日
今月の一冊 岡野弁著『メッテル先生』
image
『メッテル先生』 岡野弁著/リットーミュージック/ISBN(13)978-4845633401 日本のポップスで服部良一の存在は大変に重... 続きを読む
2024年2月4日
日本の音楽に貢献したウクライナ人音楽家「メッテル先生」
image
以下2022年7月号の「おたより」から転載です。 大体、戦争なんてごく一部の権力者や戦争で利潤を獲得する死の商人他除くと誰の得にもなりはしない... 続きを読む

ブログをすべて見る