- 春日部で40年。あなたの街の音楽教室。ミュージックファームぷりま

ピアノ・声楽・ギター・バイオリン・フルート・クラリネット

BLOG

深く掘り下げるために

今回は音楽から少し逸れた話から。私が高校生の時に強烈なインパクトを受けたのが、駿台予備校の名物講師であった奥井潔先生の英文読解の授業です。(短期講習のわずか数日間ではありますが。)

課題は数行の短い英文で、表面的な直訳や文法、単語についての解説だけであれば、授業はわずか数分で済むはずです。ですが、奥井先生の講義はそこでとどまりません。英語特有の表現をいかに的確な日本語表現に置き換えるか?となると、もはや英語ではなく、国語の講義へと化していきます。また、課題英文は名文ばかりなので、その歴史的背景について解説がはじまれば、もはや英米文学史へと変貌していきます。わずかな英文から、縦横無尽にインテリジェンスのクモの巣を張りめぐらせる先生の講義は、多感な少年期の私には大変刺激的なものでした。

この経験は、その後の私の音楽の学び方に多大な影響を与えました。ピアノの場合、楽譜通りに運指ができてもそれではまだ道半ばです。曲を深く理解するには、やはり反復練習をして掘り下げる必要があります。ただ繰り返すだけではやはり飽きますので、この時の経験を活かし様々な角度から掘り進めるようにしています。例えば、楽曲分析をしてみたり、同じ作曲家の同時代の他の器楽作品を聞いたみたり、同時代の美術作品を鑑賞したりもします。

やはり行き詰る時もありますが、そこは諦めずにあの手この手を尽くしていくと、ある日突然、源泉を掘り当てます。まさに知の泉が湧きだす瞬間です。このブレイクスルーこそ、練習を続けてきた甲斐を感じる時でもあります。そしてその時に身に着けた技術は、どんな曲にも通用する普遍的な底力に繋がるように感じています。

(2019年11月第2号)

新型コロナ感染症対策実施中

最新ブログ

2021年10月24日
黒鍵ペンタトニック 「メリーさんの羊」
image
「メリーさんの羊」 「黒鍵4鍵で弾ける」シリーズも第5弾、ひとまず今号でひと段落。これまでは邦楽ばかりでしたが、最後は洋楽で締めくくります... 続きを読む
2021年10月17日
今月の一冊 H・グッドール著「音楽史を変えた五つの発明」
image
「音楽史を変えた五つの発明」 (H・グッドール著/白水社/ISBN(13) 978-4560081136) 今回紹介するのは、5つの発明... 続きを読む
2021年10月10日
ぷりま音楽歳時記 6.ロ長調
image
<ロ長調> ロ長調の調号は#が5つ。この調は弦・管ともに音が出しにくく不人気です。ピアノも肝心な主音が白鍵なのに、他の音が黒鍵のためとても... 続きを読む

ブログをすべて見る

最新ブログBlog

2021年10月24日
黒鍵ペンタトニック 「メリーさんの羊」
image
「メリーさんの羊」 「黒鍵4鍵で弾ける」シリーズも第5弾、ひとまず今号でひと段落。これまでは邦楽ばかりでしたが、最後は洋楽で締めくくります... 続きを読む
2021年10月17日
今月の一冊 H・グッドール著「音楽史を変えた五つの発明」
image
「音楽史を変えた五つの発明」 (H・グッドール著/白水社/ISBN(13) 978-4560081136) 今回紹介するのは、5つの発明... 続きを読む
2021年10月10日
ぷりま音楽歳時記 6.ロ長調
image
<ロ長調> ロ長調の調号は#が5つ。この調は弦・管ともに音が出しにくく不人気です。ピアノも肝心な主音が白鍵なのに、他の音が黒鍵のためとても... 続きを読む

ブログをすべて見る