- 春日部で40年。あなたの街の音楽教室。ミュージックファームぷりま

ピアノ・声楽・ギター・バイオリン・フルート・クラリネット

BLOG

独立独歩で自己完結

以下「おたより」2020年8月号(第11号)の内容を掲載いたします。

緊急事態宣言が解除され、感染対策は欠かせないものの教室も再開し対面レッスンが出来るようになりました。自粛休業のウツウツとした時に比べ、レッスンが出来る喜びを噛みしめています。舞台等の実演を主にする音楽家の多くがまだまだ先の見えない厳しい状況にある中、以前と比べほぼ遜色なくレッスン出来る状況はありがたく、感謝に堪えません。

とはいえ、社会活動の中でウィルス感染の不安は、どこか頭の片隅に残っています。予防策の一つ一つにそれほど神経を使いませんが、それが積み重なるとボディーブローのように効いてきます。いつしか神経も擦り減り、気付く頃にはかなり疲労が蓄積してしまっているようです。「ウィズ・コロナ」と言葉にすれば簡単ですが、実際はそう楽でもなく、まさに「言うは易く行うは難し」を強く実感する次第です。

ですから、最近では完全に一人になった時に、感染の不安からも解放されホッとするようになってしまいました。特に一人になってピアノに向かって没頭して弾く時間に無上の喜びを感じるようになりました。これはコロナ以前にはなかった新感覚で自分でも驚いています。

ピアノはメロディ、リズム、ハーモニーを全て一人で担えます。合奏を基本とする楽器が多い中、それは特異な性質ともいえます。そのため、ピアノは独善的で、自分勝手になりやすいマイナスの面も持ちます。ですが、このコロナ禍では、それが独立独歩で、自己完結できるというプラスの面へと働いているように思います。

新型コロナ感染症対策実施中

最新ブログ

2022年10月2日
マスクのおかげ 口呼吸から鼻呼吸へ
image
マスクがすっかり身体の一部のようになってしまいました。当初は常に息苦しく感じていましたが呼吸の方法を見直し、「口呼吸」から「鼻呼吸」へと私自身変... 続きを読む
2022年9月25日
黒鍵ペンタトニック 「青い眼の人形」
image
「青い眼の人形」(本居長世 作曲) 劇作家、島村抱月の書生との二足の草鞋で、東京音楽学校で学んだ中山晋平。当然その生活は楽ではなく、ピアノ... 続きを読む
2022年9月18日
今月の一冊  岡田暁生著 『音楽の危機《第九》が歌えなくなった日』
image
『音楽の危機《第九》が歌えなくなった日』 岡田暁生/中央公論新社/ISBN(13)978-4121026064 コロナになって音楽も否応... 続きを読む

ブログをすべて見る

最新ブログBlog

2022年10月2日
マスクのおかげ 口呼吸から鼻呼吸へ
image
マスクがすっかり身体の一部のようになってしまいました。当初は常に息苦しく感じていましたが呼吸の方法を見直し、「口呼吸」から「鼻呼吸」へと私自身変... 続きを読む
2022年9月25日
黒鍵ペンタトニック 「青い眼の人形」
image
「青い眼の人形」(本居長世 作曲) 劇作家、島村抱月の書生との二足の草鞋で、東京音楽学校で学んだ中山晋平。当然その生活は楽ではなく、ピアノ... 続きを読む
2022年9月18日
今月の一冊  岡田暁生著 『音楽の危機《第九》が歌えなくなった日』
image
『音楽の危機《第九》が歌えなくなった日』 岡田暁生/中央公論新社/ISBN(13)978-4121026064 コロナになって音楽も否応... 続きを読む

ブログをすべて見る