- 春日部で40年。あなたの街の音楽教室。ミュージックファームぷりま

ピアノ・声楽・ギター・バイオリン・フルート・クラリネット

BLOG

黒鍵ペンタトニック 「船頭可愛や」

「船頭可愛や」

作曲家、古関裕而を主人公のモデルにしたNHK朝の連続テレビ小説「エール」の劇中にも度々登場した曲、「船頭可愛や」を今回は取り上げようと思います。

この曲は「利根の舟歌」に続いて作詞家、高橋掬太郎とのコンビで作った曲で、古関裕而にとっては出世作となりました。「『利根の舟歌』は短調だったが、『船頭可愛や』は瀬戸内海あるいは、遠洋漁業の男を想う歌なので、長調でいわゆる田舎節で作曲し、間奏には再び尺八を使ってみた」(『鐘よ鳴り響け』<54~55頁>)と古関氏が述べている通り、この曲は田舎節つまり「四七抜き長音階」のペンタトニックで作られています。

ただし古関氏の戦後の代表曲、東京五輪の「オリンピックマーチ」や高校野球の「栄冠は君に輝く」などでは、素朴なペンタトニックは使わず、半音階的なモダンな音使いで作曲しています。それもそのはず。古関氏は若かりし頃、近代フランス・ロシアの音楽に夢中で、地元・福島で開催されたレコードコンサートには欠かさず通ったとのこと。また、近代的なの管弦楽法の規範ともいえる作曲家リムスキー=コルサコフの弟子、金須嘉之進にも古関氏は師事し、モダンな音作りにも精通していました。

音丸による歌唱でヒットしました(1935年、昭和10年)。

それを気に入り、世界的なプリマドンナ三浦環もレコーディングしました。(1939年 昭和14年)

新型コロナ感染症対策実施中

最新ブログ

2022年10月2日
マスクのおかげ 口呼吸から鼻呼吸へ
image
マスクがすっかり身体の一部のようになってしまいました。当初は常に息苦しく感じていましたが呼吸の方法を見直し、「口呼吸」から「鼻呼吸」へと私自身変... 続きを読む
2022年9月25日
黒鍵ペンタトニック 「青い眼の人形」
image
「青い眼の人形」(本居長世 作曲) 劇作家、島村抱月の書生との二足の草鞋で、東京音楽学校で学んだ中山晋平。当然その生活は楽ではなく、ピアノ... 続きを読む
2022年9月18日
今月の一冊  岡田暁生著 『音楽の危機《第九》が歌えなくなった日』
image
『音楽の危機《第九》が歌えなくなった日』 岡田暁生/中央公論新社/ISBN(13)978-4121026064 コロナになって音楽も否応... 続きを読む

ブログをすべて見る

最新ブログBlog

2022年10月2日
マスクのおかげ 口呼吸から鼻呼吸へ
image
マスクがすっかり身体の一部のようになってしまいました。当初は常に息苦しく感じていましたが呼吸の方法を見直し、「口呼吸」から「鼻呼吸」へと私自身変... 続きを読む
2022年9月25日
黒鍵ペンタトニック 「青い眼の人形」
image
「青い眼の人形」(本居長世 作曲) 劇作家、島村抱月の書生との二足の草鞋で、東京音楽学校で学んだ中山晋平。当然その生活は楽ではなく、ピアノ... 続きを読む
2022年9月18日
今月の一冊  岡田暁生著 『音楽の危機《第九》が歌えなくなった日』
image
『音楽の危機《第九》が歌えなくなった日』 岡田暁生/中央公論新社/ISBN(13)978-4121026064 コロナになって音楽も否応... 続きを読む

ブログをすべて見る