- 春日部で40年。あなたの街の音楽教室。ミュージックファームぷりま

ピアノ・声楽・ギター・バイオリン・フルート・クラリネット

BLOG

黒鍵ペンタトニック 「ゴンドラの唄」

「ゴンドラの唄」

前回記した山田耕筰は、歌曲の作曲のみならず、日本初の交響曲を作り、交響楽団を率いるなど正統的にクラシック音楽の道を歩んでいきました。

その山田と、同い年で、同じ東京音楽学校出身の作曲家が中山晋平です。(ちなみに1908年に山田は卒業、入れ違いで同年、中山が入学しています。)

中山の歩みは山田とは対照的でした。中山は音楽か文学科で進路に悩む青年で、劇作家の島村抱月の書生を務めました。その傍らに音楽学校に通うという少し変わり種の音楽学校生でした。

その中山の作曲家としてのキャリアは島村主宰の劇団「芸術座」の舞台での劇中歌(現在でいうドラマ主題歌に相当)の作曲から始まります。「カチューシャの唄」「ゴンドラの唄」「さすらいの唄」と立て続けに、レコード・楽譜販売でヒットを飛ばします。今回はその中からペンタトニック(5音階)で作られたゴンドラの唄を取り上げます。

なおこの3曲とも歌唱してレコードに吹き込んだのは、「芸術座」の看板女優、松井須磨子でした。須磨子は1918年にスペイン風邪を患い急逝した島村の後を追ってしまいます。座長と看板女優を失った「芸術座」はそのまま解散します。

ですが中山晋平はこの一連の劇中歌のヒットを足がかりに近代日本の流行歌の礎を築いていきます。

 

1915年(大正14年)6月 松井須磨子歌唱によるレコード(ニッポノホン) 

1952年(昭和27年) 映画「生きる」劇中 志村喬による歌唱

 

 

新型コロナ感染症対策実施中

最新ブログ

2022年12月4日
教室内リモートレッスン現在継続中
image
一昨年のコロナ感染症での緊急事態宣言下による休業期間が明け、教室を再開してからもう2年半となります。再開以降、現在も特にご迷惑をおかけしているの... 続きを読む
2022年11月27日
黒鍵ペンタトニック 「夕焼小焼」
image
「夕焼小焼」(草川信 作曲) 全国各地で夕方のチャイム放送で使われていることでおなじみの曲です。(春日部市も何年か前まではこの曲でした。)... 続きを読む
2022年11月20日
今月の一冊 小沼純一著 『バッハ「ゴルトベルク変奏曲」』
image
『バッハ「ゴルトベルク変奏曲」世界・音楽・メディア』 小沼純一/みすず書房/ISBN(13)978-4622083160 この本は対話形... 続きを読む

ブログをすべて見る

最新ブログBlog

2022年12月4日
教室内リモートレッスン現在継続中
image
一昨年のコロナ感染症での緊急事態宣言下による休業期間が明け、教室を再開してからもう2年半となります。再開以降、現在も特にご迷惑をおかけしているの... 続きを読む
2022年11月27日
黒鍵ペンタトニック 「夕焼小焼」
image
「夕焼小焼」(草川信 作曲) 全国各地で夕方のチャイム放送で使われていることでおなじみの曲です。(春日部市も何年か前まではこの曲でした。)... 続きを読む
2022年11月20日
今月の一冊 小沼純一著 『バッハ「ゴルトベルク変奏曲」』
image
『バッハ「ゴルトベルク変奏曲」世界・音楽・メディア』 小沼純一/みすず書房/ISBN(13)978-4622083160 この本は対話形... 続きを読む

ブログをすべて見る