- 春日部で40年。あなたの街の音楽教室。ミュージックファームぷりま

ピアノ・声楽・ギター・バイオリン・フルート・クラリネット

BLOG

黒鍵ペンタトニック 「夕焼小焼」

「夕焼小焼」(草川信 作曲)

全国各地で夕方のチャイム放送で使われていることでおなじみの曲です。(春日部市も何年か前まではこの曲でした。)

この曲は1929年(大正12年)7月に文化楽社より「新しい童謡」という楽譜集の中の一曲として出版されます。ですが、2か月後に発生した関東大震災のためそのほとんどが消失。わずか13部だけが焼け残りました。その楽譜を元に小学校を中心にこの曲が歌い継がれました。元々ピアノ購入者用に企画された童謡曲集だったため、伴奏がとても弾き易かったことも広まる大きな要因になったようです。そして何といっても五音の四七抜き長音階によるメロディこそが、どの世代にも共通して深い郷愁を誘うのでしょう。

さて作曲の草川信(1893~1948)は長野県出身で、長野師範附属小学校時代に、武蔵野音楽大学を創設した福井直秋の薫陶を受けます。東京音楽学校の甲種師範科(現在でいう教育学部)に進んでからは、前回紹介した弘田龍太郎にピアノを師事。なお甲種師範科で同級生だったのが作曲家、成田為三です。成田は当時、児童雑誌「赤い鳥」に参加していましたが、ドイツへの作曲留学を機に、同級生の草川に後任を託します。そして草川は多くの童謡を残すのです。

新型コロナ感染症対策実施中

最新ブログ

2023年2月5日
たった50鍵の小宇宙、バッハの時代の鍵盤曲
image
最近、私はバッハの曲の練習に時間をかけています。やはりクラシックの作曲家では、バッハが一番好きなのだと実感させられます。 さてバッハの時代の鍵... 続きを読む
2023年1月29日
黒鍵ペンタトニック 「春一番」(キャンディーズ)
image
「春一番」(キャンディーズ/穂口雄右 作曲) さて今回より、少し現代に近づけて、戦後昭和の「歌謡曲」に焦点を当てていきたいと思います。 ... 続きを読む
2023年1月22日
今月の一冊 小泉文夫著 『歌謡曲の構造』
image
『歌謡曲の構造』 小泉文夫/平凡社/ISBN(13)978-4582761658 この本を読み、日本のポップスが、明治・大正の唱歌・童謡... 続きを読む

ブログをすべて見る

最新ブログBlog

2023年2月5日
たった50鍵の小宇宙、バッハの時代の鍵盤曲
image
最近、私はバッハの曲の練習に時間をかけています。やはりクラシックの作曲家では、バッハが一番好きなのだと実感させられます。 さてバッハの時代の鍵... 続きを読む
2023年1月29日
黒鍵ペンタトニック 「春一番」(キャンディーズ)
image
「春一番」(キャンディーズ/穂口雄右 作曲) さて今回より、少し現代に近づけて、戦後昭和の「歌謡曲」に焦点を当てていきたいと思います。 ... 続きを読む
2023年1月22日
今月の一冊 小泉文夫著 『歌謡曲の構造』
image
『歌謡曲の構造』 小泉文夫/平凡社/ISBN(13)978-4582761658 この本を読み、日本のポップスが、明治・大正の唱歌・童謡... 続きを読む

ブログをすべて見る