- 春日部で40年。あなたの街の音楽教室。ミュージックファームぷりま

ピアノ・声楽・ギター・バイオリン・フルート・クラリネット

BLOG

黒鍵ペンタトニック 「かなりや」

「かなりや」(成田為三作曲)

このコーナーで5回連続で「童謡」を特集していきましたが、今回で一息つきたいと思います。

大正から昭和にかけて興った「童謡」のムーブメント、それを牽引したのが、小説家・鈴木三重吉が創刊した児童雑誌「赤い鳥」でした。1918年に創刊、鈴木がなくなる1936年まで、計196冊が刊行されました。

上記の「かなりや」は同誌の1919年5月号で、初の曲つきの童謡として楽譜が掲載された記念すべき作品です。翌1920年にはレコードも発売され、録音された童謡としても最初期の作品となりました。

さてこの曲は基本的には5音でメロディが作られています。上記の1,2番は二六抜き短音階で憂いのあるメロディなのですが、3番で転調。四七抜き長音階で明るくなり、曲のクライマックスでは第7音も使い締めくくられます。

さて作曲した成田為三ですが、1893年秋田で生まれます。東京音楽学校の甲種師範科へ進み、前回紹介した草川信と同級生となります。在学中の1916年にはかの「浜辺の歌」を作曲します(残念ながらこちらは黒鍵だけでは弾けません)。卒業後、1922年にドイツ留学するまで「赤い鳥」の専属作曲家として活躍。数多くの童謡を残します。

1929~31年頃に大阪府・豊中市のコッカレコードで発売されたSP盤

 

新型コロナ感染症対策実施中

最新ブログ

2023年2月5日
たった50鍵の小宇宙、バッハの時代の鍵盤曲
image
最近、私はバッハの曲の練習に時間をかけています。やはりクラシックの作曲家では、バッハが一番好きなのだと実感させられます。 さてバッハの時代の鍵... 続きを読む
2023年1月29日
黒鍵ペンタトニック 「春一番」(キャンディーズ)
image
「春一番」(キャンディーズ/穂口雄右 作曲) さて今回より、少し現代に近づけて、戦後昭和の「歌謡曲」に焦点を当てていきたいと思います。 ... 続きを読む
2023年1月22日
今月の一冊 小泉文夫著 『歌謡曲の構造』
image
『歌謡曲の構造』 小泉文夫/平凡社/ISBN(13)978-4582761658 この本を読み、日本のポップスが、明治・大正の唱歌・童謡... 続きを読む

ブログをすべて見る

最新ブログBlog

2023年2月5日
たった50鍵の小宇宙、バッハの時代の鍵盤曲
image
最近、私はバッハの曲の練習に時間をかけています。やはりクラシックの作曲家では、バッハが一番好きなのだと実感させられます。 さてバッハの時代の鍵... 続きを読む
2023年1月29日
黒鍵ペンタトニック 「春一番」(キャンディーズ)
image
「春一番」(キャンディーズ/穂口雄右 作曲) さて今回より、少し現代に近づけて、戦後昭和の「歌謡曲」に焦点を当てていきたいと思います。 ... 続きを読む
2023年1月22日
今月の一冊 小泉文夫著 『歌謡曲の構造』
image
『歌謡曲の構造』 小泉文夫/平凡社/ISBN(13)978-4582761658 この本を読み、日本のポップスが、明治・大正の唱歌・童謡... 続きを読む

ブログをすべて見る